高齢者住宅で快適で楽しく安心のある暮らしを

女性

老後の備え

困る婦人

安心の設備

人間は加齢とともに老化がはじまり、体や精神的にも弱くなりがちになります。現在の日本では医療が進み、世界でも類を見ない高齢化社会となっています。年金の支給額が下がり続け、老後への不安から貯蓄して老後に備えている人も多くいます。核家族化が進み、昔に比べて子供と同居して面倒をみてもらうという老人は減少傾向にあります。子どもに迷惑をかけたくない、自分で何でもできるうちは自分で頑張るというお年寄りもたくさんいますが、しだいに体や心が弱り一人ではうまく生活することが出来なくなった時、頼るべきところは病院や施設になります。有料老人ホームは、日本全国にいろいろなタイプがあります。主に、要介護の受け入れを行う介護専用型や自立型・どちらも受け入れる混合型などがあります。

同じ趣味の友達ができる

有料老人ホームの大きな特徴は、24時間体制で介護などのサービスを受けることが出来る点です。介護専用型の有料老人ホームでは、常にお世話をしてくれるスタッフが常駐していることで大きな安心感があります。ある程度のことを自分でできる方には自律型の有料老人ホームが向いています。マンションと同じように自分の部屋がありますが、ロビーや共同で使う設備で別の入居者とのコミュニケーションをとることもできます。また、レクレーションやカリキュラムなどで認知症を予防したり、同じ趣味同士の友人を作るなど、対人関係を持ちつつ自分の時間も楽しむことができます。有料老人ホームでは介護状態になってもサポートやサービスを受けられることができるのが大きな安心となります。